トップページ > ニュース&トピックス > プロポリスに関する研究成果がPLoS ONE誌に掲載されました。

■ プロポリスに関する研究成果がPLoS ONE誌に掲載されました。

2012年11月05日 No.30

プロポリスに関する研究成果がPLoS ONE誌に掲載されました(2012年11月2日電子版公開)。

ブラジル産プロポリスの主要成分アルテピリンCはTRPA1チャネルを活性化し辛味を呈する
Artepillin C, a Major Ingredient of Brazilian Propolis, Induces a Pungent Taste by Activating TRPA1 Channels Taketoshi Hata1, Shigemi Tazawa1, Shozo Ohta1, Mee-Ra Rhyu2, Takumi Misaka3, Kenji Ichihara1
1 Nagaragawa Research Center, API Co., Ltd.
2 Functional Food Technology Research Group, Korea Food Research Institute, Bundang-gu, Sungnam-si, Gyeonggi-do, Republic of Korea
3 Department of Applied Biological Chemistry, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo

【関連ページ】 http:// www.plosone.org/ article/ info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0048072
【添付ファイル】

http://www.api3838.co.jp/