トップページ > ニュース&トピックス > 2015, 44th APIMONDIA International Congress にて、研究成果の口頭発表を行いました。

■ 2015, 44th APIMONDIA International Congress にて、研究成果の口頭発表を行いました。

2015年10月02日 No.56

Methodological study on quantitative analysis of the royal jelly protein apisin.
(ローヤルゼリータンパク質アピシンの定量分析における方法論的研究)
Takako Furusawa, Yasuko Arai, Kenji Kato, Kenji Ichihara

Studies on estrogenic activities of royal jelly and its fatty acids in vitro and in vivo
(in vitroとin vivoにおけるローヤルゼリーとローヤルゼリーに含まれる脂肪酸のエストロゲン作用に関する研究)
Kenji Ichihara, Satoshi Uchiyama, Sho Hotta, Tsuyoshi Nakanishi

10-Hydroxy-2-decenoic acid, a unique fatty acid in royal jelly, extends lifespan in nematode Caenorhabditis elegans.
(ローヤルゼリーに特徴的な脂肪酸である10-hydroxy-2-decenoic acid(デセン酸)は、線虫Caenorhabditis elegansの寿命を延長する)
Taketoshi Hata, Yoko Araki, Kenji Ichihara, Yoko Honda, Shuji Honda

2015年9月15-20日 Daejeon, Korea

【関連ページ】 http:// www.apimondia2015.com/ 2015/ eng/ file/ Detailed%20Program.pdf
【添付ファイル】

http://www.api3838.co.jp/