トップページ > ニュース&トピックス > 第43回日本毒性学会学術年会にて、研究成果のポスター発表を行いました。

■ 第43回日本毒性学会学術年会にて、研究成果のポスター発表を行いました。

2016年09月30日 No.64

基礎研究の成果について、以下の通りポスター発表を行いました。

代謝酵素活性の日内変動と栄養状態による変化がアセトアミノフェン誘発性肝障害に及ぼす影響
○土屋 祐弥1, 井川 貴礼1, 楢本 恭子1, 加藤 真之1, 平田 暁大2, 酒井 洋樹3, 市原 賢二1, 桝井 徳磨3

 ※ 1アピ樺キ良川リサーチセンター
 ※ 2岐阜大学生命科学総合研究支援センター
 ※ 3岐阜大学大学院連合獣医研究科

2016年7月1日 ウィンクあいち

【関連ページ】 https:// www.jstage.jst.go.jp/ article/ toxpt/ 43.1/ 0/ 43.1_P-264/ _article/ -char/ ja/
【添付ファイル】

http://www.api3838.co.jp/