トップページ > ニュース&トピックス > 蜂産品の研究成果を学会で発表します。

■ 蜂産品の研究成果を学会で発表します。

2018年03月15日 No.79

蜂産品の研究成果について、以下の学会発表を行います。

ブラジル バイーア州産プロポリス成分の構造解析と抗がん活性

〇光井 太一、堀田 翔、田澤 茂実、加藤 健司、市原 賢二 (アピ梶j

2018.3.15-18  日本農芸化学会2018年度大会 (名城大学)

【関連ページ】 http:// www.jsbba.or.jp/ 2018/


高次構造を有するローヤルゼリータンパク(アピシン)の定量について

光井 太一 (アピ梶j

2018.3.22 第7回 岐阜 構造生物学・医学・論理的創薬研究会シンポジウム
       (岐阜大学)

【関連ページ】 https:// www1.gifu-u.ac.jp/ ~kamatari/ gnmr/ 20180322poster2.pdf


In vitro試験におけるブラジル産グリーンプロポリスの神経細胞保護作用

〇高島麻都花1,2、市原賢二1、平田洋子2
1 アピ(株)、2 岐阜大院連合創薬医療情報

2018. 3.25-28 日本薬学会第138年会(金沢)

【関連ページ】 http:// nenkai.pharm.or.jp/ 138/ web/
【添付ファイル】

http://www.api3838.co.jp/