トップページ > ニュース&トピックス > 米国向けインフルエンザワクチンの原薬製造に関する製造委受託契約の締結について

■ 米国向けインフルエンザワクチンの原薬製造に関する製造委受託契約の締結について

2018年05月10日 No.81

 アピ株式会社(以下、アピ)の子会社である株式会社UNIGEN(以下、UNIGEN)は、サノフィ(仏国、Sanofi)の子会社であるプロテイン サイエンシーズ(米国、Protein Sciences Corporation、以下、PSC)と組換えインフルエンザワクチン(製品名、Flublok®)原薬製造に関するManufacturing Agreement(製造委受託契約)を2018年4月18日付で締結しました。
 昨年よりSanofi/PSC/アピ/UNIGENの4社で今回の契約について協議をすすめておりましたが、この度、内容について合意し契約締結に至りました。現在UNIGENでは、その契約に基づき、製造作業を開始しております。
 この契約により、アピグループの売り上げは中長期的に増加が見込まれ、米国をはじめとして、将来、世界各国へ拡販されることにより、世界の人々の健康維持に寄与できるものであります。

<本件に関する問い合わせ先>
アピ株式会社      総務部(早川) TEL:058‐271‐3883
株式会社UNIGEN  管理本部(窪田)TEL:0585‐52‐9340

【関連ページ】
【添付ファイル】 http:// www.api3838.co.jp/ annex/ 81_Files.pdf

http://www.api3838.co.jp/