トップページ > ニュース&トピックス > プロポリス等に関する研究成果を「Journal of Toxicologic Pathology」誌に発表しました。

■ プロポリス等に関する研究成果を「Journal of Toxicologic Pathology」誌に発表しました。

2018年07月26日 No.84

■プロポリス等に関する研究成果を「Journal of Toxicologic Pathology」誌に発表しました。

Brazilian green propolis suppresses acetaminophen-induced hepatocellular necrosis by modulating inflammation-related factors in rats
ブラジル産グリーンプロポリスは炎症関連因子を制御することでアセトアミノフェン誘発肝細胞壊死を抑制する

Yuya Tsuchiya1,2, Hiroki Sakai2, Akihiro Hirata3, and Tokuma Yanai2
1Nagaragawa Research Center, API Co., Ltd.
2Laboratory of Veterinary Pathology, Department of Veterinary Medicine, Gifu University
3Division of Animal Experiment, Life Science Research Center, Gifu University
Journal of Toxicologic Pathology July 1, 2018 電子版公開


Effects of food restriction on the expression of genes related to acetaminophen-induced liver toxicity in rats
アセトアミノフェン誘発肝毒性発現に関連する遺伝子発現における食餌制限の影響

Yuya Tsuchiya1,2, Hiroki Sakai2, Akihiro Hirata3, and Tokuma Yanai2
1Nagaragawa Research Center, API Co., Ltd.
2Laboratory of Veterinary Pathology, Department of Veterinary Medicine, Gifu University
3Division of Animal Experiment, Life Science Research Center, Gifu University
Journal of Toxicologic Pathology June 16, 2018 電子版公開

【関連ページ】
【添付ファイル】

http://www.api3838.co.jp/