トップページ > 健康補助食品(OEM事業) > ドリンク製造 ~ミニボトル缶充填~

製造設備

ドリンク製造 ~ミニボトル缶充填~

特徴

  1. 軽量(重量比11% 茶瓶100ml比)
  2. 優れた保存性(遮光性・ガスバリアー性)
  3. 落としても割れない安全性
  4. 全面印刷による高級感
  5. 液体窒素の使用による酸化防止
  6. 廃棄の利便性に優れる(キャップ、ラベル、ボディの分別不要)
  7. 2種類の包装形態を保有(ラップラウンド【箱】型、マルチパック型)

重量と容器の比較

■ 重量の比較

【100ml ミニボトル缶】
空缶重量(キャップ込み): 13.0g (11% )
実缶重量(100g内容物): 113.0g (52%)

【100ml 一般ビン】
空ビン重量(キャップ込み): 115.5g (100%)
実ビン重量(100g内容物): 215.5g (100%)

■ 容積の比較

100ml ミニボトル缶:2,167cm3 (88%)

100ml 一般ビン:2,471cm3 (100%)

製造工程