トップページ > アピの歴史 > アピの達人たち > 養蜂部 ミツバチ課

アピの達人たち各部門で活躍する社員にインタビュー!社員たちの生の声を紹介します。

養蜂部 ミツバチ課
養蜂部 ミツバチ課

現在の仕事内容

イチゴやメロン等の果采類の花粉交配に欠かせない、ミツバチの養成から仕入、販売まで行っています。もちろん、ハチミツやローヤルゼリーの採取も行っており、国産ハチミツの買付け業務もしています。
また、ミツバチだけでなく養蜂器具の販売や、養蜂家様向けの養蜂業支援も行っております。

仕事のやりがい

私たちの仕事は、雨の日も雪の日も何かと忙しく、そのうえミツバチに刺されることもあります。
しかし、私たちが養成したミツバチを提供させていただくことで、作物生産者様の労力の軽減や、良い作物が出来ることに繋がり、微力ながら日本の「農」に貢献していると思うと、とても強くやりがいを感じます。

仕事をするうえでのモットー

養蜂の仕事は体力的に非常に厳しいものです。夏の暑い日も、寒さ厳しい冬も忙しい毎日です。重い巣箱を担いだり、ミツバチに刺されることも日常茶飯事です。そのため、チームワークが必要不可欠となります。
現在、8名の現場スタッフで毎日の業務をこなしていますがお客様からの喜びのお声がいただけるように、厳しくとも笑顔で楽しくをモットーにチームワークを心がけています。

アピの達人たちTOPへ