トップページ > アピの歴史 > アピの達人たち > 技術開発部 池田技術開発課

アピの達人たち各部門で活躍する社員にインタビュー!社員たちの生の声を紹介します。

技術開発部 池田技術開発課
技術開発部 池田技術開発課

現在の仕事内容

私の所属する技術開発部は、製品の卵(試作依頼)を受け取り、成鳥(商品)にして返す業務を中心として、開発型企業であるアピの独自技術の開発・確立という業務も担っております。その中で現在、技術開発部の管理・監督職として、アピが携わる製品の立ち上げや新技術の開発を推進・管理する役割を果たしています。
新規剤形であるトローチ錠の立ち上げ、腸溶性等の機能性を有するソフトカプセルの製品化など、様々なアピ独自の技術を形にしています。

仕事のやりがい

私たちが試作から手がけた製品が新商品として発売されたり、ヒット商品として世間で取り上げられているのを見ると感慨深いものがあります。
また、製造時の問題やトラブルに対し、技術力により問題回避や解決等が出来た時には、技術開発の人員としてのやりがいはこの上ないものとなります。

仕事をするうえでのモットー

他の部署のスタッフたちのおかげで仕事が出来ることを常に心に留めておくこと。営業部隊がお客様から仕事をいただく、生産部隊がしっかりと製品を作ってくれる、会社業務に携わるスタッフがいるから、そこに自分の仕事があるんだということを意識しています。

職場の雰囲気

すべての製品の入り口を担う部署であるため、常に責任を背負って業務に当たっています。しかし、技術開発部のスタッフはみんな心優しく、わきあいあいとした温かい部署です。
「自分たちが手がけた製品」が市場等で販売されているのを見ると、大変感慨深いものがあり強くやりがいを感じますが、その気持ちを忘れず毎日の製品づくりに精を出しています。

現在取り組んでいるテーマ

機能性ソフトカプセル製造技術の確立や、新規剤形開発への取り組みなど、技術開発部として会社に対し何ができるか、何が最善の方法か等を考えています。
また、技術開発部スタッフの凡事徹底により、単なる試作の窓口ではない、新技術の確立をする部署として活躍できるよう今後の目標としています。

アピの達人たちTOPへ