トップページ > アピの歴史 > アピの達人たち > 揖斐川工場 生産1課(造粒)

アピの達人たち各部門で活躍する社員にインタビュー!社員たちの生の声を紹介します。

揖斐川工場 生産1課(造粒)
揖斐川工場 生産1課(造粒)

現在の仕事内容

私が所属している、揖斐川工場 生産1課では、「顆粒品」などの粉末製剤加工を行っています。
主な担当業務は、顆粒製造(全13ライン)の作業記録の点検や集計、出来上がった顆粒品の色調チェックなどを行っています。
また、オペレーターとして顆粒製造ラインでの作業も行い、新入社員への教育・訓練も行っています。

仕事のやりがい

原料の微妙な変化に合わせ製造条件を調整しながら、お客様の要望通りの品質作りに心がけていますが、これには、永年の経験と高度な技術が必要です。
限られた製造条件で、思い通りの製品が完成した時や、新製品を無事に立ち上げることができた時、困難な状況を突破できた時の喜びはひとしおです。
そんな喜びが「ものづくりの現場」にはあります。

職場の雰囲気

エリアリーダーが中心となり社員を盛りたててくれてます。
お互い声を掛け合い・助け合いながら作業を行っていますので、コミュニケーションのとれた、成長途上の職場です。
しっかり者の女性オペレーターが活躍しており、女性の働きやすい風通しの良い職場風土だと思います。

アピの達人たちTOPへ