トップページ > 会社概要

プロフィール

  • 設立 昭和47年10月 (創業 明治40年)
  • 代表者 野々垣 孝彦
  • 資本金 48,000千円
  • 業務 ●ハチミツ・ローヤルゼリー等蜂産品、健康食品、医薬品の製造販売
    ●養蜂指導と養蜂器具の販売
    ●健康食品に関する研究
  • 従業員数 1,069名(平成29年8月末)
  • 最近の業績 【平成29年8月期】
    売上高 32,502百万円・経常利益 1,841百万円
  • 取引銀行 十六銀行本店、大垣共立銀行岐阜支店、三菱UFJ銀行岐阜支店、三井住友銀行新橋支店、みずほ銀行名古屋支店
  • 関連企業 岐阜養蜂株式会社、アピホールディングス株式会社、亜碧(上海)商貿有限公司、株式会社UNIGEN
  • 代表取締役会長
    野々垣 孝
  • 代表取締役社長
    野々垣 孝彦

アピの願い

願いはひとつ
「人々の健康に貢献したい」
そのためにアピは挑戦し続けます。

「蜜蜂を通じて豊かな健康社会を創る」これがアピの企業理念です。この旗印のもと、弊社は明治40年(1907年)の創業以来110余年の歩みを続けてまいりました。
1994年に、養蜂業から健康補助食品分野に本格参入し、健康食品OEMメーカーとしてこれまで多くのお客様の多様なご要望にお応えしてまいりました。また、2004年には、医薬品受託製造への進出を果たし、2013年には次世代の優れたバイオ医薬品の供給を可能とする池田バイオ医薬品工場を立ち上げました。現在では健康補助食品事業に次ぐ大きな事業にすべく取り組みをしています。
本格的な超高齢社会に入った現代において、医療・介護・福祉はさらに重要度を増しています。人々の願いは「健康」で長生きすることであり、この願いは同時に、人々の健康に貢献したいという弊社の願いでもあります。
弊社は、健康補助食品事業では独自の発想によって、マーケティングから素材開拓、企画、開発、技術、製造そして安心できる品質をトータルに提供したいという願いのもと、OEMを通じて培ってきたノウハウを昇華させ、ODMの発想をより一層洗練させた「API's ODM」の展開をしております。また、医薬品事業ではバイオ医薬品の原薬製造に独自の技術と生産能力を有する株式会社UNIGENをグループ化する等、創業以来つねに新たな「挑戦」を繰り返してまいりました。
超えるべきハードルはまだまだたくさんありますが、お客様の期待に応えられる企業であり続けるため、変化を恐れることなく果敢に挑戦し続けてまいります。

アピ株式会社
代表取締役社長 野々垣孝彦